最高の職人に|パティシエになるにはしっかりとした専門学校に通う必要があります
男女

パティシエになるにはしっかりとした専門学校に通う必要があります

最高の職人に

スイーツ

甘くて美味しいお菓子やケーキを作っているパティシエは、自分の味覚やセンスを元に、日々そのお菓子やケーキなどを食べる人たちに向けて新しい作品を仕上げています。こうしたパティシエに憧れて立派な職人になるため見習いパティシエや職人のタマゴとして頑張っている方も多く存在します。最近では、パティシエやそういった職人になるための専門学校や教育機関も多く設立されてきています。専門学校は通常2年制の学校が多く、1年の間はお菓子の元になる素材について学んだりお菓子作りの基礎となる部分を集中的に勉強します。2年に上がると、より独創的なアイディアを磨く練習や実際にお菓子を作る実習が多く取り組まれるようになってきます。こうした専門学校を卒業すればパティシエになれるかというとそうではありません。
学校を卒業してやっとパティシエのスタートラインとして立つことができるのです。それからケーキを作る職場や、お菓子作りを行なう職場に努め見習いとしてさらに勉強をしてきます。一流の職人になるためには、独創的なアイディアのような自分のセンスも必要になりますが、基礎的な部分の下積みがあってこそなれるのです。多くの職人のタマゴとして毎日ケーキやお菓子を作る業務を経験しながら、どういう作品を仕上げればいいのかといった想像をすることも必要とされます。また、自分の知識を蓄えつつ技量を磨いていくことでそれを食べる人たちを笑顔にすることができる職人になれるといえるでしょう。