パティシエについて|パティシエになるにはしっかりとした専門学校に通う必要があります
男女

パティシエになるにはしっかりとした専門学校に通う必要があります

パティシエについて

婦人

パティシエという言葉はフランス語からきています。フランス語でこのパティシエという言葉はお菓子職人という意味になります。主に日本では和菓子ではなく、ケーキやシュークリームといった洋菓子を作る人に対して呼ばれています。さらにこの言葉の原点であるフランスでは、パティシエは数ある職業の中でも高い地位を築きあげているのです。このパティシエに求められていることは様々で、同じ味を変わることなく作り続けることや、デザインやアイディアを考えて独創的なオリジナルの洋菓子を作り上げることも求められます。前者であげたような同じ味を作り上げることは、町中などにあるケーキ屋さんであったり洋菓子専門店といった職場で働くパティシエに求められます。
もうひとつの部分に関しては、ホテルに勤務している職人や自分の店を持っているパティシエなどに要求されているものになります。こうした様々なことを要求され、それらを遂行できる職人になるためには専門学校や職人を育成する教育機関で多くを学ぶ必要があります。また、職人になった後でも学ぶことは多くあり、洋菓子の本場とされているフランスなどに行き現地のお菓子などから学んだりすることもあります。こうした経験を積んでいくことで、オリジナルの作品を仕上げることができたり、変わらない味を作り続けることが出来る技術が身についていくのです。人々を幸せにできる職業のひとつとしてこういった内容から多くの学生がパティシエに憧れているのです。